血糖値を下げるサプリ

血圧と血糖値は同じようにリンクする?両親を見てると分かる不思議

血圧が高くて困っている。そんな方に話しを伺うと、血圧計は利用しているが、血糖値測定器は利用していない。でもいろいろなサプリメントは試しているとおっしゃられます。
わたしの両親もそうでした。今の日本では一般的なのかもしれませんが、重要なのは、両親を含めそのような方の多くは、血圧ばかりに目が行き、見逃しがちな血糖値も高くなっている。

 

血圧単独で高いより、血糖値も高い方が危険!

 

それはどうしてなのでしょうか?
実は、血糖値が高いだけよりも、血圧やコレステロールが一緒に高い方が、様々な合併症になる危険性をはらんでいるからです。
よく、心筋梗塞や脳梗塞になりやすいと言われますよね。わたしの父もそうです。脳梗塞になり、倒れた時に変なところにぶつかったりしなかったお陰で、今では退院してなんとか自宅で生活できるまでに回復しました。

 

よく考えてみると、当然のことながら、血糖値が高いと、血液内部の糖がたまってしまうので、血圧が高くなってしまう。
これには、ご存知の通りインスリンの作用が存在しており、血糖値を下げるにはインスリンの効能を高める必要がある。そして、その結果、血圧も低くなるという好循環をもたらしてくれます。

 

当然のことながら、血圧が血糖値と完全にリンクされていない方もいらっしゃいますが、比較的、若くてそれほど血糖値を重要視していない方の中に、血圧が高くて健康診断で引っかかった時、数値を見てみると血糖値も高かった。という場合が多いのが現状なのですが・・・。

 

実は、年々、血糖値の高い方が多くなってきたと言われています。その結果、比較的若い世代の、特に女性の方が気にされ始めて来ました。その理由の一つに妊娠前糖尿病が、胎児に先天性心疾患を引き起こすことが示唆されているからとも言われています。でも、なかなか利用されていないのが不思議になってくる血糖値測定器。だって本来はダイエットにこそ欠かせない必需品なのですが、意外に利用されていません。

 

そこで、血糖値測定器を利用してみて、予想以上に効果的だったサプリメントやトクホなどの食品系を、ご紹介していきます。
あくまでも、個人的な見解に基づいた内容ですから、参考に利用してみて戴けると幸いです^^。

 

血糖値を下げる!今ならこのランキング!

グラシトール

グラシトール


詳細はこちら公式サイトはこちら


 

推奨理由
  • インスリン様物質と呼ばれる機能性野菜アイスプラントから採取されるピニトールを豊富に含有。
  • 飲みやすさを図る、10日分から始められる。
  • いつでも休止、開始ができる安価な定期コースの継続率は94%!
  • 葉酸も含んでおり、若い女性にも最適。
  • 電話がつながりやすく、何でも相談できる。
月額費用
  • 1,518円(10日分)送料200円
  • 3,870円(定期コース)送料無料
  • 4,552円(1ヶ月単独)送料無料
特典 定期コースなら、しあわせ減糖茶が1袋プレゼント!
注意 モンドセレクション金賞受賞と効果は別物です。
おススメ度

血糖値が高いとどうなるのでしょうか?

体のどこかに問題が発生しない限り、あまり気にされない方が多いのですが、単純に一つの数値が上がるだけでないことが重要なのです。

 

高くない人、それまで健康的な生活を送れていた時には、体内に存在するインスリンが順調に活動してくれて、糖が血液の中に存在している状態から、各細胞に栄養素として送り出してくれることで、活動をして消費することが可能になってくれます。

 

しかし、体内で十分なインスリンが作られなかったり、逆にインスリンは十分にあるのに細胞の中に糖が入っていけるように活動してくれない場合は、どうしても血中の糖が高くなってしまいます。そのような方は、血中には過剰な糖とインスリンが存在することになってしまうのです。

 

そして、最終的には糖尿病へとつながってしまいます。それだけではなく、他の病気も発生させてしまうことになってしまうのです。

 

では、どのようなことをすれば、血糖値を下げることができるのでしょうか?

 

当然のことながら、糖を含んだ食事の量を節制することです。砂糖を含んだコーヒーを飲む量を減らしたりと考えがちですが、実は、炭水化物が多いと思われている白米にも多く含まれています。なら、食パンにしようと思ってしまいそうですよね。実は、食パンにも多いのですから不思議な世界です。

 

さらに炭酸飲料はNGです。運動選手に炭酸飲料を飲まない方が多いのは、糖分が多いからなのです。ただし、最近では強炭酸水など、糖分の少ないタイプも存在していますから、炭酸飲料を飲みたい方は、そちらを利用するのが良さそうです。可能ならお茶類が良いと言われています。なかなか炭酸系でお茶は販売されていないので、自分で作るものを利用しても良いかもしれません。

 

そして、当然のことながら、野菜を多く食べる。ご存知の通り野菜には食物繊維が多く含まれているので、食事の前や最中に食べると、血糖値が上がるのを予防する効果が存在しています。できれば、お通しのような形で野菜を食べるようにしたいですね。

 

さらに言えば、一つではなく数種類の野菜を摂取することがより予防に役立つと言われていますから、2,3種類の野菜を摂取するようにしておきたい。

 

最後に、あなたが日頃ダイエットや、お風呂に入る前に利用されている体重計と同じように、血糖値測定器で数値化しておくこと。血圧計も同じですが毎日のデータ管理をすることで、体調の変化が分かるようになりますから、重要ですよ。